カードローン

低金利で借りるならカードローンキャッシング

消費者金融でのキャッシングの良い所は素早い手続きですぐに借りられるところですが、そのかわりに金利面が高く設定されているため、返済時には負担がどうしても大きくなりがちです。
毎月の返済金額が小さすぎると支払い金額の半分ほどが利息になると言う事もあり、払っても払ってもなかなか元金が減らずに終わりが見えないという事にもなってしまいます。

 

カードローンキャッシングはしっかり選ぶ

利用者側の立場からすると、利息の払いというのは無駄な出費です。
元金分の払いであれば借りた金額の一部であるために返済をするのは仕方の無い事ですが、利息分はそれを払ったことで完済に近付くわけではありませんので、出来る事なら払いたくないものでもあります。

 

そこで、借り入れを行う際には金利面をしっかりと把握しておき、利息の負担が小さくなるような借り方、借り入れ先を選ぶ必要があるのです。

 

利息の払いが小さければ同じ返済金額でもより早く完済に近付くことになり、早くに完済が出来れば利息総額も大きく抑えられます。
借り入れ日数が長くなればその分だけ発生する利息も当然ですが増えてきます。
3年かけて払うよりは1年で返してしまった方が利息が低くなり、実質年率で18.0%などの借り入れを行っているとするのであれば、2年の差で単純計算で36.0%の利息差という事になります。

 

実際には借り入れ金額に応じて利息が発生するのでこのような単純な差にはならないのですが、とにかく長くを借りてしまうとその分だけ利息の払いが大きく膨らみますので、なるべく低金利で借りられるカードローンを利用し、なるべく早くに返せるように努力を行った方が効率的でより良い借り入れが出来るのではないかと思います。

 

低金利で借りるなら銀行のカードローンとなりますので、まずは業界最低水準の利率で人気のオリックス銀行で借りるカードローンを見ておくと良いでしょう。

金利の低いカードローンを選ぶ

低金利での借り入れを考えるなら消費者金融ではなく銀行のカードローンとなるのが一般的です。
しかし、銀行にも色々とあり、大手都市銀行のようなメガバンクのカードローンは金利はたしかに消費者金融よりも低いですが、その分だけ審査が厳しく、消費者金融に何社か借り入れがあるという方は借り入れが出来ない可能性もあります。

 

金利面だけで選ぶと審査に落ちて借りられない、借りられないからと多くの業者に申し込むと「申し込みブラック」になってしまって更に借り入れが出来ないという悪循環にも陥りますので、今の自分自身の状況とあわせて借り入れ先を検討する必要もあるのです。

 

無利息期間を生かしてみる

金利自体はそこまで低くなくとも、一部の業者では初回の借り入れに限り無利息になると言うキャッシングサービスを行っているところもあります。
その期間内であれば利息が発生しないため、金利差が多少あったとしても無利息期間分のリードがあるため、利息の払いの面で見ると有利な借り入れが出来るというわけです。

 

いくつかの業者の中でも無利息キャッシングの評判が良い所といえばレイクの「選べる無利息」で、5万円まで180日間無利息か全額30日間無利息から選ぶことが出来るので、借り入れ金額にあわせたよりお得な方を選ぶ事が出来るようになっています。
これをうまく使えば短期間の借り入れなら利息の負担は最小限に抑える事も可能であり、お得に賢くカードローンキャッシングを利用する事が出来るというわけです。

 

その他、プロミスでも無利息のキャッシングを提供しています。プロミスなら無利息以外にも様々なサービスで便利に利用が出来るので、地域によっては早くに借りられる名古屋市のプロミス即日融資を見ておいてください。

金利の高い借り入れからの借り換え

キャッシングは何も高い金利で借りてしまったら、ずっとその金利で払い続けなければならないわけではありません。
もっと低い金利で同じ限度額で貸してくれるところがあるなら、そちらに乗り換えることも可能です。

 

所謂「借り換え」というものですが、このような借り方は返済のことを考えた計画的な利用をする上では重要な事であり、金利を実質的に下げることが可能となるために今よりも楽な返済が可能となります。
金利が下がるという事は利息の払いも減り、利息が減れば月々の返済金額も縮小されますので、どうにも金利が高い、利息の負担が大きくて返済が進まないという方に人気の借り方となっています。

 

基本的にどの業者であっても今の借り入れよりも低い金利で借りられれば借り換えてもOKとなっていますが、やはり真剣に借り換えを考えるなら「借り換えOK」としているカードローンなどを利用した方がスムーズでしょう。
借り換えOKという事は他社に借り入れがあってもOKという事になり、例えば貸金業法改正前に作ってしまった年収の3分の1を超える総量規制をオーバーする借り入れをしていると、消費者金融では基本的に新規での借り入れは出来ません。
しかし、借り換え可能な銀行カードローンならそういった状況でも審査の結果次第で融資OK、借り換えOKとなるケースも見受けられますので、借り換えなら銀行がおすすめというわけです。

 

しかし、上にも書いたようにいくら低金利だからといってメガバンクのカードローンは厳しいです。
おまとめ対応しても審査基準が高いためにどうにも審査に通りづらく、それであれば比較的水準の下がるネット銀行のカードローンが良いでしょう。
低金利で話題のカードローンの一例をあげておくとするならオリックス銀行カードローンの借り換えであり、業界最低水準と言われる年利と非常に高い限度額でゆとりのある借り入れ、借り換えが出来るようになっています。

 

こちらは銀行のカードローンでありながらも口座開設が不要となっているため、スムーズな申し込みから借り入れまでの手続きが可能で、最短即日審査という素早い審査時間も人気の理由の一つとなっています。
低金利での借り入れ、審査基準とのバランスを考えるのであれば、検討してみると良いでしょう。